The 53rd Annual Meeting of 
  the Japanese Society of 
  Gastrointestinal Cancer Screening
事務局
公益財団法人
福井県健康管理協会内
実務担当:田中 正樹、林 康彦
〒910-3616
福井県福井市真栗町47-48
TEL :0776-98-8000
FAX:0776-98-3502
jsgcs53@fkenkan.or.jp
 運営事務局
株式会社ライトスタッフ内
〒910-0019
福井市春山1丁目1-14
福井新聞さくら通りビル3階
TEL :0776-25-7201
FAX:0776-25-7202
jsgcs53@right-stuff.biz
第53回日本消化器がん検診学会総会正しい消化器がん検診をすべての人に

会長挨拶

第53回日本消化器がん検診学会総会を開催するにあたって
第53回日本消化器がん検診学会総会
会長 松田 一夫
公益財団法人 福井県健康管理協会・県民健康センター

この度、第53回日本消化器がん検診学会総会の会長を拝命し、2014年6月6日(金)~7日(土)に福井市において総会を開催させていただくことになりました。福井市での本学会は1991年の第29回秋季大会(会長は恩師、福井県立病院名誉院長の山崎 信先生)以来23年ぶりとなります。伝統ある本学会の会長をお引き受けすること大変光栄に存じますと同時に、身の引き締まる思いです。

福井県におけるがん検診の特徴は、全市町における対策型検診を公益財団法人福井県健康管理協会が一元的に担っていること、県内全域で実施されたがん集団・個別検診を福井県がん検診精度管理委員会が一括して精度管理していること、精度の高いがん登録を有しているため偽陰性例を含めたがん検診の問題点を把握できることです。また5年前から県内の全ての医療機関で実施されたがん検診を集計して、職域をも含めた福井県民の受診率を把握しています。

福井県内のがん検診を調べてみてわかったことは、残念ながら偽陰性を認めること、全般的に職域の方が地域よりも受診率が高いものの職場によってはがん検診を受けられない人が少なからずいることです。

そこで今回の学会のテーマを、「正しい消化器がん検診をすべての人に」としました。日本消化器がん検診学会は我が国の消化器がん検診をリードする立場にあり、私達には精度管理された正しいがん検診を地域の人々に広く提供する義務があります。加えてこれまで余り目を向けて来なかった職域におけるがん検診の精度管理にも努める必要があると考えます。職場の規模等によってがん検診が受けられない、もしくはがん検診の精度に難がある体制は改善すべきだと考えます。「誰もが正しいがん検診を受けられる体制づくり」を考えるきっかけとなる総会にできればと願っております。

福井には全国随一の規模を誇る恐竜博物館や戦国時代の一乗谷朝倉氏遺跡等があり、旨い魚とお酒は自慢です。学会を期に、福井を知っていただければ幸いです。

多数の先生方のご参加を心よりお願い申し上げます。